ITと中小企業診断

IT業界には、コンサルタントというキャリアパスがあります。
他の業界でも、コンサルタントと言えば経営者や様々な部門の担当者に、仕事をしていくうえでの問題点やその解決方法を、持っている専門的な知識を用いて伝える人を指すかと思います。
最終的には、相談者の問題を解決してあげるのが一般的なコンサルタント像かと思われます。
しかし、IT業界では解決方法としてシステムの導入が挙げられることもあり、その意味で営業としての意味合いも大きな割合で持ち合わせていると言えます(他の業種でもそうなのでしょうか、実はあまり詳しくなかったりします)。

IT業界におけるコンサルタントは、そのものずばり「ITコンサルタント」といいます。自分で技術労働をすることなしに、上流の工程(IT業界ではシステムの企画・設計を上流と呼び、以降構築やテストと段階が進むとそれらを下流工程と呼んだりします)に関わることができるのが魅力。
ですが、それではシステムエンジニアの経験が無くても良いのかと言うと、そんなことは全くありません。

システムの知識も無しにコンサルタントができるはずも無く、またできても本当にそれがベストの選択肢であったのか確認する術がありません。
そのため、このような職種を志す人も、しっかりとプログラマー、そしてシステムエンジニアの知識を得てから門戸を叩くのが良いでしょう。知識を習得するための方法のひとつとして、独学による資格取得も有効でしょう。評価されるシステムエンジニアの資格を取得することで、高収入の転職が実現したり、さまざまなキャリアパスへの可能性を生むことができます。

また、多くの場合、中小企業の経営者が依頼者になるため、中小企業診断士などの資格を持っておくと企業の抱える問題もつかみやすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です